白にきびを漢方で改善

白にきびを漢方で治したことがあるという方もいるようです。
そして漢方で白にきびを治すことができれば、同時に体の不調も治せるかもしれません。
ただ、漢方による体質改善は即効性があるというものではなく、白にきびもすぐに治るというものではないようです。
ですから効き目は大変穏やかなようです。
漢方では、ホルモンバランスや胃腸の不調、ホルモンバランスの乱れが白にきびの原因と考えるのだとか。
ですから漢方薬では自然治癒力を高めて白にきびをできにくくするという流れになるようです。
そして、にきびを白にきび、赤にきび、青にきびなど色によって分け、それに合わせて漢方を処方する場合もあるようです。
赤にきびは炎症を起こしている状態のにきびで、熱を持ち、膿やかゆみを感じる場合があります。
ですから赤にきびには、熱を取り除く漢方が処方されるのだとか。
また、血液の汚れや便秘が白にきびを作っていると考えられる場合は、血行を促進してくれる漢方薬や、胃腸の働きを活発化する漢方が処方されるのだとか。
そして白にきびには、体力アップの漢方が処方される場合があるようです。
背中にできてしまった白にきびを、化粧水などを使って自分で改善することは大変難しいと思いますから、漢方で治すことができれば大変良いのではないでしょうか。

白にきびは顔だけでなく、背中などにもできてしまうことがあるでしょう。
そして、白にきびができてしまった方に対して処方される漢方についての情報も、ネット上には満載です。
どのような漢方薬が処方されるのか詳しく解説しているサイトもありますから、白にきびで悩んでいる方は一度見てみると良いでしょう。
そのときの体調によっても処方される漢方は異なるようですから、白にきびを改善しながら体の不調も治すことができると思います
posted by fukuyo at 10:55 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。