おでこしわ対策


現在、私も深いおでこしわで悩んでいるのですが、若い頃はおでこにしわが寄ってもすぐに元通りになっていたので、しわ対策というものを取っていませんでした。
そして、私のようにおでこしわ対策を取っている方もたくさんいるようです。
そうして数十年過ぎ、中年と呼ばれる年齢になると、おでこしわは、若いころのように元の状態に戻ることなく深く刻まれ、対策を取らなければならなくなってしまいました。

おでこしわ対策についての情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
そこで思いついたのが、おでこしわ対策として、肌を柔らかくするということです。
子供のおでこを触ってみると、とてもしなやかで柔らかな肌をしているので、肌を柔らかくすることがおでこしわ対策としては重要なのではないかと思いました。
ですからおでこしわ対策として、保湿はとても重要になるでしょう。
更には、頭皮のたるみもおでこしわを解消するためには改善しなければならないでしょう。
若い頃はまぶたに張りがあり、おでこにしわを寄せなくても目を充分に開くことができましたが、歳を重ねてくるとおでこしわを寄せて目を開くようになったという方もいるのではないでしょうか。
また、まぶたのたるみもおでこしわの原因になると思います。
頭頂部の頭皮がたるむと、そのたるみが前に伝わりおでこしわの原因となってしまうので、対策として頭皮マッサージも重要になると思います。
おでこしわがあると実年齢より老けて見えるようですから、対策を取って、少しでもしわを薄くしましょう。
それだけ、私と同じようにおでこしわで悩んでいる方が多いということでしょう。
顔を洗って化粧水をつけて、乳液つけて、これでスキンケアは終わりというような毎日を送っていて、おでこしわ対策というのを一切やっていなかったのです。
若い頃の自分の肌と今の自分の肌では、何が違うのか、どうしておでこしわができてしまったのかということを
posted by fukuyo at 10:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。