ちふれ化粧品と無添加化粧品

ちふれ化粧品は無添加コスメだと思っている人も多いようですが、ちふれ化粧品の表示には無添加という文字はないような気がしませんか。
ちふれ化粧品に最も多く謳われているのは無香料・無着色という項目です。
まあもっとも、綾花シリーズの中には、香料の入っているアイテムもあるようですが、それも必要最低限に抑えているとの事。
それに、ちふれ化粧品の最大の売りは、全成分の配合割合や目的をきちんと表示している事ですよね。
だから、厳密に言うと、ちふれ化粧品は決して無添加コスメとは言えないと判断しても構わないというのが私の考え方なんです。
でも、皆さんは、無添加化粧品っていうのがどういうものなのか、本当に理解していますか。
ちふれ化粧品がどうのこうのと言う前に、まずは無添加化粧品がどういうものなのかを考える必要があるのではないでしょうか。
そう考えると、ちふれ化粧品に限らず、本当の無添加化粧品というのは、殆ど存在しないような気もしませんか。
何故なら、”お客様に安心しておつかいいただける安心な化粧品を!”、これがちふれ化粧品のコンセプトだからです。
そもそも化粧品や食料品によく用いられる無添加という言葉は、特定の物質が使用されていないというだけの事。
ちふれ化粧品はさておき、最近は無添加だの自然派だのと謳っているコスメがわんさか登場していますよね。
なぜなら、ちふれ化粧品がもし本当の無添加であれば、防腐剤等も一切入っていない事になります。
つまり、常温で放置しておくと雑菌が繁殖し、様々な病気を引き起こす事になるからです。
大事な事は、ちふれ化粧品が本当に無添加であるかどうかという事よりも、本当に自分の肌に合うかどうかという事。

ちふれ化粧品は決して無添加化粧品とは言えないと私は思いますが、ちふれ化粧品が肌に合う人が多いのは確かだろうとも思います。
ただ、どうなんでしょうね、例え無香料・無着色であっても、その他の界面活性剤などが僅かでも入っていれば、それはもう無添加化粧品とは言えないのではないでしょうか。

ちふれ化粧品が本当に無添加コスメであれば、ちふれ化粧品のパッケージには「要冷蔵」の表示があっても不思議ではないんですよね。
一番いいのは、やはり実際に肌に付けてみる事、トライしてみる事でしょうね。
天然物質でも化学物質以上に安全性の保証のない物質は沢山ありますが、そういうのを見分けたり判断するのって、私たち消費者にはすごく難しい事ですよね。
そういう面で、ちふれ化粧品のような細かい成分表示はとても有り難いなぁっと思いますね
posted by fukuyo at 11:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。