ちふれ化粧品の信頼の成分表示

ちふれ化粧品がいいという噂を聞いて、ちふれ化粧品のホームページを見てみました。
そしたら、ちふれ化粧品の成分に関するQ&Aみたいなコーナーがあったんですよ。
ちふれ化粧品のホームページでは、全ての商品の成分を事細かに説明しているようです。
それも、目的別に配合量の多い物から順に表記されているので、とても見やすくて分りやすいです。
ちふれ化粧品の情報は、コスメ関連のブログやサイトに沢山掲載されていますから、気になる方は、一度調べてみられるといいのではないでしょうか。
ちふれ化粧品に限らず、どこのコスメメーカーにも医薬部外品と呼ばれる製品は存在すると思います。
でも、皆さんは、「医薬部外品」と一般の化粧品は、どこがどう違うのか、ご存じですか。
ちふれ化粧品の成分選びに対する拘りから判断すると、どのシリーズのどのコスメも、比較的オールマイティーに対応しているのではないかとは思いますね。
でもって、その中の「MC」というブランドが、ちふれ化粧品では、主に医薬部外品として販売されているようです。
デパートのちふれ化粧品のコーナーで対面販売されているのが綾花シリーズで、最も高級なブランドのようです。
でもって、化粧品と医薬部外品の最大の違い、それはどうやら、成分表記の基準にあるようですよ。
それは、化粧品の全成分表示が法律に基づいて行われているのに対し、医薬部外品の成分表記は日本化粧品工業連合会の成分表示名称リストに基づいて表記されているからです。
そこで、面白いのが、ちふれ化粧品に配合されている同じ成分でも、化粧品に入れられた時と、医薬部外品に入れられた時とでは、成分名が変わる事があるんです。
今の時代にはとてもよくフィットしたコスメである事が実感出来ると思います。
これは、ちふれ化粧品に限った事ではなく、全ての会社の化粧品と医薬部外品に見られる現象です。

ちふれ化粧品の医薬部外品シリーズ、MCは、確かに敏感肌の人にはいいのでしょうけれど、ちふれ化粧品の他のシリーズでも、似たような成分配合のコスメはいろいろあります。
それが、ちふれ化粧品のホームページを読んでいたら、ちゃんと説明してあったんですよ。
ただ、化粧品だけは、実際に試してみないと、自分の肌に合うか会わないか、うなくなじむかなじまないかが分らないものです。
そういう意味では、ちふれ化粧品位の価格だと、トライアルキッド感覚で、初めてでも気軽に買えるのではないかとは思いますね。
ところが、同じちふれ化粧品の商品の中にも、「化粧品」と呼ばれる製品と、「医薬部外品」と呼ばれる2種類の製品があるんですね。
他にも、今回ちふれ化粧品のHPで学んだ事は沢山あるので、また後日、少しずつアップしていけたらと思っています
posted by fukuyo at 10:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。