ローズウォーターの作り方


そこで「作ってみようかな?」と思い立ったのであれば、最初には使う容器の消毒から始めなければならないのがローズウォーターです。
本格的にローズウォーターを作るには大量にバラの花びらからエッセンシャルオイルを取りだしていく蒸留器が必要になってきます。
販売されているローズウォーターも無添加のものであれば冷蔵庫で保管すべきですし、早く使いきることが必要になるのと同じです。
いうなれば意外と手間もかかりますし、神経を払って作る必要もありますから、そのポイントを忘れなければ安全なのは手作りローズウォーターです。
いうなれば手作り派のローズウォーターはどちらかと言えば「ローズ化粧水」と言うほうが当たっているかもしれません。
とはいっても上手に作ったのであれば、本格的に作り上げられているローズウォーターと同じくらいの効果があります。

ローズウォーターを手作りすることは決して難しいことではないのですが、清潔な手と陽気で作らなければなりません。
加えて保存料や防腐剤が入っていない分、腐りやすいので、作ったローズウォーターは早めに使い切ることを忘れるわけにはいきません。
手作り化粧品のリスクはローズウォーターも例外ではなく、美容ジャーナリストや専門家の中には慎重に作らなければ危険とも言われているのです。
この「早めに使い切る」「保存するなら冷蔵庫。
ローズウォーターについてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、詳しいローズウォーターの作り方も調べてみましょう。
そうなってくると手作りのローズウォーターには保湿感が足りないので、色々とエッセンシャルオイルやグリセリンを使うようです。

ローズウォーターの作り方自体は極めてシンプルなので、本来であれば1回毎に使いきる量を作ったほうが良いとも言われています。
そうなってくると手作りローズウォーターは意外と贅沢なものになってしまうと言う皮肉があることを忘れるわけにはいきません。
しかしながら手作りローズウォーターになってくると、そこまで凝らずにうまくハーブとしてのバラの花びらを使っているようです。
ただし長く保管できないということは変わりがないために、冷蔵庫で保管したり、早めに使い切る必要があるのがローズウォーターです
posted by fukuyo at 10:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。