アイブローの書き方


どんなファッション雑誌でも、「眉はその人の顔の印象を決めてしまうもの」と書いており、実際アイブローは様々なブランドから出ています。
これは、その人の顔に合わせたアイブローを使うことがメイクの中でも重要で、美しくなるにはしっかりと自分に合うものを選ぶ必要があるからです。
だからこそ、アイブローの選択肢が多くなっているのですね。
また、私は直接受けたことはないですが、アナスイでもアイブローや他のコスメの使い方を教えてくれるそうですよ。
アイブローは季節ごとに新色が出る事でも知られており、季節の変わり目には新色カラーがたくさん店頭に並びます。
メイクにこだわりがある人は、着る洋服や季節によってアイブローの種類を変えることもあるそうです。アイブローは、女性のコスメアイテムの中でも重要な役割を果たすものです。

アイブローの使い方にはいくつかの種類がありますが、ここでは私が実際に使っているやり方を紹介してみたいと思います。
まず、ペンシルタイプのアイライナーで眉の上部に線を引き、アイブロー(パウダータイプのもの)でその下の部分に色を付けて整えていきます。
この方法だと、パウダータイプのアイブローを使っても、アイライナーで書いた部分が眉全体の印象を引き締めてくれるので、キリリとした印象に仕上がります。
「コスメカウンターに行くと、アイブローを買わなきゃいけないんじゃないの?」と思うこともあるかもしれませんが、中には講習を行っている所もあります。
ここでは、そんな「アイブローの書き方」についてお話をしてみましょう。

アイブローで眉を書くことに慣れていない人は、コスメカウンターに行ってスタッフに指導をしてもらうとやり方を覚えられると思います。
反面、パウダータイプのアイブローなので仕上がりがきつすぎません。
現在、アイブローは様々なショップで購入することができる様になっていて、ペンシルタイプやパウダータイプなど種類も豊富です。
アイブローの使い方を知りたいと人は、講習を利用してみると良いかもしれません
posted by fukuyo at 10:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。